taichiroseki's blog

赤城の山麓で、うつわ作ってます

制作風景

ミニ壺、水挽き。

DSCN6641.jpg


半乾きにして、湿台(しった)に乗せて、底を削り出します。

DSCN6654.jpg


完全乾燥させて、800℃で素焼きします。
DSCN6711.jpg
















スポンサーサイト
  1. 2016/07/22(金) 10:43:00|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤング盆栽部2

今月のテーマは、盆栽風苔玉でした。

DSCN6646.jpgDSCN6648.jpg

苔玉は以前、完全な自己流で作ったことあるのですが、どんなことでもそうだと思うますが、
他の方の作り方はすごく参考になりますね。



苔玉の管理の仕方

●置き場所  明るい日陰
(直射日光があたり過ぎると、乾燥して苔が枯れてしまいます。暗すぎると光合成が出来ず、やはり苔が枯れてしまいます。)

●受け皿 深さのない平らなもの。皿や浅鉢。

●水やり 夕方にたっぷりあげて、次の日の夕方に水がなくなる程度。
(水に浸かっている苔は死んでしまいます。バケツなどにドボンと沈めて、ある程度水を切ってから受け皿に置くか、じょうろや蛇口から、たっぷり流し掛けてあげても良いです。)

※気を付ける点は、苔は湿気がないと枯れてしまうことと、植えてある木の根腐れ。
※苔が茶色くなってしまっても、大事に手入れしてあげていれば復活します。
※木が枯れてしまったら、挿し木などで別のものを植えてあげてください。
※季節や天気によって、水の量を調整してください。






  1. 2016/07/22(金) 10:37:35|
  2. ヤング盆栽部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0