FC2ブログ

taichiroseki's blog

赤城の山麓で、うつわ作ってます

冬の出展予定

川口暮らふと、ありがとうございました。

午前中、雨予報だったのですが、搬入を始める前に雨が上がり、午後にはお日様が。

服装を間違えて、汗だくでした。
そして、次の日の納品と展覧会を見た日、昼間暑かったので半袖で外出したら、夕方から、すごく寒い。

広い酒蔵のギャラリーで一人半袖。
変人扱いされました・・・。

しっかりとして見えるらしいので、あんまりイジられないですが、けっこう抜けてます。



さて、次回の出展は、

11月23日~12月4日
北海道の小樽のカフェギャラリー、yukimichiさんのグループ展
「美味しいおやつの時間」に参加します。
http://yukimichi-otaru.com/

北海道は初進出です。
観光でも行ったことないので、在廊したいですが、今回は作品だけお邪魔させていただきます。


12月1日~9日
銀座のフラジャイルさんで、木工の運天達也さんとの二人展。
http://www.fragile.shop/

運天さん、インスタで拝見すると、凄くかっこいい作家さんなので、負けないようなものを作らないと。
気合入ります。

運天達也さんインスタグラム
https://www.instagram.com/unten_tatsuya/?hl=ja

案内出来ましたら、また宣伝させていただきます。



最近ちょっと外交的な気分なので、珍しく連投してますね。
ちょっと心がソワソワしてるので、落ち着かせてじっくり制作したいと思います。







スポンサーサイト
  1. 2018/10/29(月) 20:58:29|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

秋、酒蔵にて2018

カエルトープさんへの納品したその足で、中之条の旧廣盛酒造さんにて開催中の
「秋、酒蔵にて」
を観てきました。

どう表現したらいいのか、、、今年10回目になるこのグループ展。
なんでボクは今まで足を運ばなかったのか、後悔しました。

ちょっと、群馬でこのレベルの展示が開かれていたなんで・・・
凄いです。

個々の作家さんの作品ももちろんですが、空間演出が、素晴らしい。
美術館の良い展示を観たときと同じような気持ちになりました。

敢えて写真は載せません。
というか、写真を撮るなんて考えつきもせずに、ひたすら目から脳内に焼き付けてました。
圧倒されました。

ぐちゃぐちゃと色々考えていた自分の頭の中を、さらにかき混ぜられて、逆にすっきりしてしまいました。

ブレインシチュー、green dayに、そんな曲があった気がします。
まさに煮込まれてかき混ぜられて、、、、自分の文才の無さにイライラします、が、行ける人は本当に観に行ったほうがいいです。



平成30年10月26日(金)〜11月4日(日)
10時〜17時(入場無料)

秋、酒蔵にて 2018 四重而不枠

於 中之条町旧廣盛酒造 協力/永井酒造

参加作家(五十音順・敬称略)

酒 ・・・・・・・ 井川 敦子(井川商店)
金 工 ・・・・・ 川野 圭之(三時)
陶・・・・・・・・ 閑野 淳(deracine factory)
和韓洋菜・・・・・ 金 伽倻(BENTO261)
革 ・・・・・・・ 桑原 優子(森乃手仕事家)
鉄 ・・・・・・・ 鈴木 浩(十文字工房)
ペン画 ・・・・・ 就 履
ジャンクアート・・ 主代 淳典
ステンドグラス・・ 舛田 弘彦(SG工房浪漫館)
踊り・・・・・・・ 宮崎亜由美
木・・・・・・・・ 宮島 靖夫(匠平工房)
織 ・・・・・・・ 行松 啓子(Kぷらんにんぐ)
木漆 ・・・・・・ 吉澤 良一(吉澤指物店)
花 アロマ・・・・ 渡邉 眞子(M's palette)
陶 ・・・・・・・ 綿貫 哲雄(久呂保窯)

料理・・・・・・・・片山ひろ(LE CREDO)
・・・・・・・・・・佐藤智大(昔心の宿 金みどり)
・・・・・・・・・・山口 浩(天ぷら もっこす)

コーディネーター・ 齋藤陽一(BAR 宇野)
          信澤 太
          丸橋浩 (design OH 一級建築士事務所) 

オープニング 10月27日(土) 18:00
交流会    11月 3日(土) 18:00


●群馬の地酒試飲・販売
『井川商店』(井川敦子)全日10:00〜17:00

●酒蔵ランチ
『BENTO261』(金伽倻)10/26(金)〜29(月)10/31(水)〜11/3(土)11:30〜14:00
『昔心の宿 金みどり』(佐藤智大)10/30(火)11:30〜14:00
『麺屋ロドリゲス』(齋藤陽一)11/4(日)11:30〜14:00

●BAR営業
『BAR宇野』(齋藤陽一)10/28(日) ・11/3(土)

●鮨ナイト
『すし処さいとう』(齋藤好幸)
10/31(水)18:00〜 ※要予約 参加費5,000円

●フラメンコライブ
踊り:宮崎亜由美 うた:笛田剛史 ギター:北村海斗
10/27(土)13:30〜(投げ銭)/ 19:00〜(オープニング内)

●ハンドメイド時計
『KITERETHU』10/27(土)28(日)

◉オープニング
料理:『BENTO261』(金伽倻)/ 踊り:宮崎亜由美
10/27(土) 18:00〜 ※要予約 参加費5,000円(飲食費込み)

◉交流会
料理:『LANGOLINO』(須永一久)
11/3(土) 18:00〜 ※要予約 参加費4,000円(飲食費込み)

要予約とあるもののご予約はこのページへのメッセージでお受けさせていただけます。もしくは作家まで

会場:旧廣盛酒造
住所:群馬県吾妻郡中之条町大字中之条909−5

問い合わせ先:090-3436-8607(吉澤)

*お車は役場の駐車場か商店街駐車場をご利用下さい。
*お車を運転される方の試飲、また会場内での飲酒はご遠慮下さい。
*会期中の会場は寒くなっております、十分に防寒してお越しください。
*古い建物や設備を大切に扱いましょう。






  1. 2018/10/28(日) 20:10:03|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カエルトープさんへ

DSCN8009.jpg

カエルトープさんへ納品に行ってきました。
大好きなお店です。

カエルトープ
https://kaeru-top.wixsite.com/kaeru

人間、というか「動物の中のただのいちカテゴリーである人間」としての等身大の生き方を、ご家族で実践されている、魅力的な方のお店です。(と勝手に感じてます)

大好きと言ってる割には、納品をすごくお待たせしてしまってます。
すいません。


DSCN8003.jpg

ミニ壺、今回は趣向を変えてジルコン白釉に統一してみました。
いつもはいろんな色を置かせていただくのですが、一色もいいですね。

ジルコニウムは、非常に融点が高い金属で、釉薬の中に入れると溶けずにそのまま白く濁ります。
磁器の冷たい白さとは違い、少し温かみのある白さな気がします。

自分の作品では使っていなかったのですが、今回ちょっと試してみました。

今回お邪魔したとき、小屋の改装工事をしていて、ちょっとお聞きしたら、「ここに住みます」と娘さんの咲季さん。
古い小屋の壁を、お父様と一緒に壊してました。
住むところを、自分で一からリフォーム。
これから素敵な空間になるんだろうな。







  1. 2018/10/28(日) 20:05:58|
  2. 取扱店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

作家としての立ち位置

作家、と一口に言っても、いろんなタイプがいると思う。
アーティストタイプ、職人タイプ、その中間。

ボクはどこに属すのだろうか、と。


一つの納得のいくものが出来たら、それで満足して、同じものを繰り返し作っていると、どうしてもテンションが下がってクオリティーも落ちていってしまう。
ということは、職人タイプではないのだろう。


唯一無二のモノを作れるわけでもないので、アーティストタイプでもない。


じゃあ中間?

『作りたいときに作りたいものだけを作りたい』
でも、それは高価で売れるものでもない、、、、、趣味か!?(笑)

自分の釉薬を1つか2つくらいに絞る作家さんが多い中、ボクは7、8くらい使う。土も5種類くらい。
作る数も小ロットで、効率はすごく悪い。

同じ形、同じ土、同じ釉薬で作るのが、考えることも少ないし、準備片付けの手間も、失敗も少なくなるので効率は格段にいい。

でも、そうすると、ボクの場合つまらなくなってクオリティーも下がってしまう。
いつも新鮮味が欲しい。売れるからといって、売れ線だけを作り続けられない。

だからといって『作りたいときに作りたいものだけを』作ってしまうと、たとえ良いものが出来たとしても、作風がコロコロ変わるので、お客さんを置いていってしまう。

趣味ではなく、陶芸で生活したいのだ。


「作りたいものだけ」「新鮮味」「陶芸で生活」

このあたりのキーワードで、何年か制作しながら頭の中でぐちゃぐちゃした結果、釉薬や土はどんどん増やすが、全体の雰囲気は出来るだけ変えない。小ロットで効率悪いのは諦める。

となって、今の感じになった。

これ以上、色を増やすと、さすがにごちゃついてしまいそうなのだけれど、釉薬の研究は好きなので、今後まだ増えていきそうです。イベントごとにある程度制限するしかないか、どこまでいけるかチャレンジするか、、、結論は、やりながら考えるしかないですね。


いまは、窯に余裕があるとき、炭化焼成のテストしてます。
炭化も色々と遊べそう。
いつ披露できるかわかりませんが、面白いものが出来たらいいな。




DSCN7932.jpg

今日、お散歩から帰ってきたら、真っ黒になっていて、ドブ臭かったローパオくん。
こちらの気などお構いなしに、臭いまま、いまはベッドで寝ています。

まぁ、かわいいから許すけど、ドブ臭は、勘弁してくださいよ。
かわいいから許すけど。










  1. 2018/10/26(金) 16:26:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

リムボウル 白マット

凄く荒い白土のリムボウル、白マット。
DSCN7984.jpg


石っぽい質感を目指したうつわです。
DSCN7986.jpg


シビアな形で、土が荒いためか、縁からヒビが入りまくり、結局3個しか完成まで行きませんでした。

世に出せた3つは、今年の益子陶器市でお試しで出した2つを、開店と同時にお買い上げいただいたご夫婦と、焼ける前から1つご予約いただいた陶芸教室の生徒さん。

土を変えて、マイナーチェンジして似たものは作ってみようと思います。







  1. 2018/10/24(水) 14:52:58|
  2. 作品
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々のうつわ展のお礼と、川口暮らふとのご案内

日々のうつわ展にご来場いただいた方々、ありがとうございました。
久しぶりの個展、充実した日々でした。

期間中に開催したワークショップ「伊羅保茶碗」も楽しんでいただけたようで良かったです。

お気に入りだった壺も、嫁ぎ先が決まりました。
DSCN7980.jpg


次は、今週末開催の「川口暮らふと」です。
http://k-kurafuto.com/

今年は、実行委員会の方が入れ替わったりで、作家募集が遅れたのもあって、だいぶ作家陣が入れ替わりそうです。

新しい出会いもあるかと思うので、ぜひこちらも足をお運びくださいませ。
よろしくお願いいたします。











  1. 2018/10/22(月) 19:04:19|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々のうつわ展、3日目

DSCN7965.jpg
本日もたくさんの方にご来場いただきありがとうございます!

昨日、上毛新聞さんが取材に来てくれて、さっそく今朝記事になってました。ありがとうございます。

明日も、10時より在廊しています。
よろしくお願いします。


DSCN7970.jpg
そして、ボクの記事の右に、富士見の「ギャラリー点」さんで開催中の「金工・木漆・陶磁の3人展」の記事がありました。

ちょっと見切れてるのが陶芸家の田島健太郎さん。
こちらも素敵なので、お時間ある方は是非!



「金工・木漆・陶磁の3人展」
金工:川野圭之(金属の器やアクセサリー)
木漆:平井敦(日常使いの小物と家具)
陶磁:田島健太郎(食・酒・茶・花の器)

期間:2017年10月13日(金)~18日(水)
時間:10:30~17:00
会場:Craft shop「Gallery 点」
前橋市富士見町時沢1850-1
電話:ギャラリー会場 027-288-5617








  1. 2018/10/13(土) 18:50:12|
  2. 出展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日々のうつわ展 搬入

DSCN7948.jpg
昨日搬入しました。



DSCN7949.jpg
雰囲気の良い展示になりそうです。
お時間ある方は是非覗きに来てくださいね。



DSCN7950.jpg
毎日在廊してます。
明後日からです。
よろしくお願いします。



DSCN7952.jpg
2018.10.11(木)~16(火)
「日々のうつわ」
10:00~17:00(最終日16:00)
〒371-0805
前橋市南町3-35-3
セキスイハイムビル1F
JR前橋駅南口から徒歩3分
http://www.gs816.jp/lifeupweb/








  1. 2018/10/10(水) 10:31:15|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

最後の窯出し

個展前の最後の窯出し。
良い感じの焼きです。
DSCN7944.jpg


良い焼きの代償。
DSCN7946.jpg



本日、納品です。










  1. 2018/10/09(火) 05:21:22|
  2. 陶芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ハマギク

DSCN7942.jpg

確か、ウチに来て2年のハマギク。

吹き流し風に育っています。
風に吹かれ過ぎかなぁ。









  1. 2018/10/09(火) 05:17:34|
  2. ヤング盆栽部
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0